代表挨拶

以前、私は企業各社からの依頼を受けて、
優秀な人材のヘッドハント(スカウト)を手掛けておりました.

スカウトのために何度も彼らと話すうちに、それぞれの個性や魅力も判ってきます.

主に研究・技術開発部門の有望な若者と面談を重ねる中で、
まじめで仕事熱心な男性ほど婚期を逃しがちだという事実に直面しました.

ヘッドハントの仕事の完成度を高めるために、
また、彼らが仕事に集中できるように基盤を確かなものにしてやりたいと、
ふさわしいお相手との縁談を取りまとめたことが 結婚相談 を始めるきっかけと
なりました.

引退後、当時は余技としておりました結婚のお世話を主業務として、
現在は、ヘッドハントのノウハウを基盤に据え、
お人柄を充分に理解させていただくことを基本にして、
人と人との絆を育む結婚のお世話をさせていただいております.

さらに、当館で結婚された方々を主メンバーとする理事会の強力なサポートも得て、
婚姻促進実践の喜びの輪を、未来へ向けて育ててゆく道筋も整えました.

結婚による個人生活の充実が、身体・精神に健全なる向上をもたらし、
やがては所属企業にも それらが波及して、業績向上につながる様を、
私はこの目でハッキリと見て参りました.

レーベン館の婚姻促進実践力にて、
企業・法人各社の皆様の業績向上だけでなく、
日本社会の基盤作りのお手伝いをさせていただきたく思います.


レーベン館株式会社 会長 扇 徹